head_img_slim
HOME > 能力開発SHOPページ

速聴&速読(自己啓発)

速聴プログラムCD(聴く自己啓発シリーズ)

photo CDには2倍速・3倍速・4倍速の音声が収録されています。 音声を速く聴くことで脳を活性化して潜在能力開発のトレーニングができます。。

高速音声とは高速の音声を聴き取るトレーニングのことです。
高速の音声を聴き取ると、脳が活性化して潜在能力が活性化できると言われているのです。
ここからは高速音声について詳しく説明しましょう。 高速音声が脳を活性化することは事実です。
高速音声CDで高速の音声を聴き取るトレーニングを毎日行うことが必要です。
そうすると早く音声を聴いても聞き取れるようになるのです。ちゃんと練習すれば4倍速までは聴き取れると言われています。 4倍速を何もトレーニングしていない人が聴き取るのは難しいでしょう。 4倍速が聴けるようになるまでには相当のトレーニングが必要です。
最初は2倍速から始めるのがベターです。2倍速が聴き取れるようになったら3倍速を練習します。 3倍速が聴き取れるようになったら4倍速を練習します。NLPプログラムCD 〈聴く自己啓発シリーズ〉7巻

具体的なオペレーション

OfficeソフトによるDTP業務
photo2列のレイアウトです。ホームページビルダーなどで、配置したい所にご利用ください。
ヒアリングによる思考の見える化業務
photoテーブルタグで指定しています。画像も入れ替えてください。画像は110px x 100pxです。

 

速読プログラムCD 〈読む自己啓発シリーズ〉

photo 聴くことと話すことは、思考能力を向上させるための基本的なトレーニング法です。 しかし、身構えて「早い速度の言葉」を聴こう、「目の前の新聞や書籍を早く読んでいこう」と行う必要はありません。
NHKのニュースであれば1分間に280字から300字程度でアナウンスされています。それを文節ごとに区切って 位置関係を意識しながら聞いてみると、記事そのものの構造と文節の関連性がイメージできます。
ぼんやりと聞き流すトレーニングをしたら、新聞や書籍の見出し、目次だけをピックアップして全体構造をイメージします。
こうした簡単なイメージトレーニングができたら、早い速度の言葉を聞いたり、A4×5枚程度の文章をさらっと目を通して全体 イメージとその構成要素をイメージします。速聴や速読は、そうした頭を休めるときの簡単な実践から能力向上は実現します。

12.新聞を読むときの速読法について
13.速読で読む速さについて
14.リズムに乗ってテンポよく読むには?
15.本を見ただけで理解する方法について
16.一行読みをマスターする方法について速読プログラムCD 〈聴く自己啓発シリーズ〉4巻

 

業務内容3

業務内容・タイトル1
photo2列のレイアウトです。ホームページビルダーなどで、配置したい所にご利用ください。
業務内容・タイトル2
photoテーブルタグで指定しています。画像も入れ替えてください。画像は110px x 100pxです。

 

業務内容4

小見出しタイトル

ホームページ作成ソフトをご利用の際は、この見出し↑の前後をコピーして、下に貼り付けで増やしていってください。


 

お問い合わせはコチラ

icon 電話番号080-2924-8080 →メールでお問い合わせください
icon 図解サービスや図解思考力養成に関する無料相談(24時間受付中)


 

図解思考力を基本としたビジネス編集力スキルアップセミナー



データサイエンティスト講座

初心者から学べるデータサイエンティストプログラム


ページトップに戻る